アクセスカウンタ

<<  2006年10月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


音泉うたわれ問題 〜キミキスラジオが聴けなくなる時〜

2006/10/09 15:21
 - プロローグ -

 音泉が増えすぎたリスナー対策に臨時サーバーを稼動させるようになって、既に数ヶ月が過ぎていた。
 うたわれるものらじおは一部人類の共通話題となり、人々はそこでネタを産み、育て、そして死んでいった・・・・・・。

 西暦2006・1009

 うたわれるものらじおは月曜にその配信日を変え、連休も家で過す暇な人類に番組を発信した。
 この1ヶ月あまりの接続数増加で、音泉サーバー3つを死に至らしめた人々は、自らの行為に恐怖した・・・・・・。



 音泉サーバーにアクセスできません

 流石に今回はサイトには繋がるのですが、キミキスラジオが一向に繋がらないのです。
先週は、うたわれらじおの影響で月曜にも関わらず繋がり難い状態が続きました…。

 こんな状態の音泉で、今週は「うたわれるものらじお」が一週の休み明け+月曜に引越し+祭日 のコンボで、繋がらないと踏んでいたのですが…本当に繋がりません、ありがとう御座いました。


 いくら何時でも気軽に聞けるネットラジオとはいえ、聞いている人にはそれぞれに視聴習慣を持っているので、何時も月曜に聴いている人が月曜に聞けないと、更にこんなのが何回も続いちゃうと、段々とどうでも良くなってきたりするんですよね、実際 (´・ω・`)
 アレですよ、アニメとか一週見逃した・撮り逃した って所で、気持ち的にどうでも良くなって、見るの止めちゃた時とか…
 ガンダムSEED・鋼の錬金術師・ガンダムSEED DESTINYと見て来たのに、今、土曜のその時間はアニメ(TV)見る習慣無くなった、アレとかです。

 あと、繋がらない状態が長く続くのも、ストレス溜めるだけですし…本来なら、息抜きで仕事の合間に聞いていたりとかだったのに、本末転倒ってこんな事を言うのかと。

 しっかし、視聴習慣の大切さは音泉も十分理解しているとは思うが、今回のこの「うたわれるものらじお」から発生した問題は、他の番組・そのリスナーに与えている影響が本当の意味で怖いかと。長い目で見て音泉自体に対する印象・評価にも影響するし。
 カレイドの時の騒ぎは、良くも悪くもまだネタで笑っていられたのですが、今回の「うたわれるものらじお」から発生した諸問題は正直笑えないし、マイナスイメージとしかなりえないと思うのですよ。


 で、個人的な感情をちょっと

 「うたわれるものらじお」は一回目から聞いてますが、今回の月曜引越しはキミキスラジオをメインに聴いていた私からすれば、正直迷惑な話でした。
 火曜日に引っ越せとは流石に言いませんが、「うたわれるものらじお」は隔離サーバーでやって欲しいと切に願う次第であります。


 と、色々と書きましたが、水橋のラジオが聴きたい私は、ストレスを抱え、今日もまた音泉に接続する事でしょうw
 しっかし、接続数上がって本来は嬉しい悲鳴なのに…潰れたりしないよな、それだけが心配です。
 キミキスラジオ系にはお金を落とそうと思った、そんな日、頑張れ音泉。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1


映画「永遠の法」を見て来ました

2006/10/05 04:55
 先日、ネタ映画「永遠の法」を見に友人達と共に川崎チネチッタへ。
映画の日で料金は1000円、こんな事でもない限り行く事は無かったかも。

 以下の内容によって、ブログの更新が1ヶ月以上空いた場合、私の身に何かが起きたかもしれません、悪しからず。

あと、特定の団体個人等、誹謗中傷する気はさらさらありません、映画の感想を駄文に載せているに過ぎません、大らかな気持ちでお読み下さい。

 まず始めに、これは非常に宗教色の強い映画です、原作は大川隆法/幸福の科学 です。
「太陽の法」「黄金の法」に続く三部作完結編らしいのです。記憶を掘り起こしてみると「黄金の法」はCMを見た記憶が微かに…電車の中刷り広告だったかも?!

 さて上映2日目に映画館に行きました、客は1/3位入っている感じ、家族連れ・お年寄り等、客層はやはり幅広い。
 上映中、スクリーンに向かって手を合わせて拝んでいる人がいるなど、映画本編以外にも中々楽しませてくれます。
正直こんな雰囲気になっている映画館は初めての体験、ネタとはいえ、随分今回は危ない橋を渡ったなと。帰り道は常に後ろに気を配りながら移動してましたw

 そろそろ本編の話を。
製作スタッフは中々豪華です、ついでに声優陣も豪華です。
購入したパンフから転載すると…
監督/今掛 勇
作監/佐藤 陵
音楽/水澤有一

声優
星川隆太/田中大文
夏瀬夕子/大原さやか
ゴッド・イーグル/大友龍三郎
パトリック/岡林史泰
ロベルト/小伏伸之
エジソン/銀河万丈
シャーマンの老女/真山亜子
ナイチンゲール/伊藤美紀
ヘルメスほか/子安武人

って具合になってます。

子安w 仕事選べよ(;´Д`)
アリシアさんと鷹野三四の絡みが見れるのは「永遠の法」だけっ!
 しっかし偉人が多い映画だな、RODの偉人計画かよと心の中で軽く突っ込み、松下幸之助等が霊界にて天使になっていた時は、なんと言いますか…これ名前出しちゃって良いの? と、友人と色々な物を堪えながら。

 話は常に誰かが説明セリフを喋っている感じ、そのせいで現在展開されている映像に対して混乱する事は少ないです、話の内容に付いて行けるかは、個人差がありますが。
 因みに、友人の一人は凄く眠かったと映画の後言っていました、友人の一人は映画に突っ込みたくてストレスが溜まったと、おおむね好評のようですw もちろん私も終始とは言いませんが、ハラハラしながら見ていましたよ、色々な意味で。

 ああ、あと何処かの素人監督の作った「ゲド戦記」よりは出来良かったですよ、これはお世辞じゃなくて本当。きちんと予想を斜め上行く展開で後半盛り上がるからw

 そろそろここいらで映画のあらすじを!
ますはパンフから転載

近未来―。
同じ高校の科学技術研究部に所属する隆太とパトリック、ロベルトは、夏休みにニューヨークにあるエジソン・ミュージアムを訪れていた。
その帰り道、街角でシャーマンに呼び止められ、謎のメッセージを受け取る。
それは、エジソンが生前に研究していたという「霊界通信機」の設計法だった。
日本に帰った3人は、友人の夕子を誘い、霊界通信機の開発に取り掛かった。
試行錯誤の結果、ついに完成した霊界通信機から聞こえてきたのは…
なんと、エジソン本人の声だった!


 色々思う事はあると思いますが、こんな出だしです。

 ポイントは、何故か宗教系の大学に通う友人(ヒロイン)夕子の存在!
画像

(声の良さもあり、中々エロいヒロインですw)
一度は成功したかに見えた霊界通信機、しかし通信は途中で途絶えてしまう。
そんな時彼女の祈りの力が奇跡を呼びます、声がアリシアさんだったりレイラさんだったりするので説得力は〜効果は抜群ですw

 さて話は続く。
霊界通信機からのゴッド・イーグルと名乗る声に導かれ幽体離脱をした主人公一同、三途の川へ到着。
死んだらどうなるって所からあの世に関する説明がしばらく続く…。
ちなみに丹波さんは出演していない。
 *ゴット・イーグル
古代インカ帝国のシャーマンだった人、霊界とこの世を自由に行き来していた最高のシャーマンらしい。
画像

(いい声してんだよw まったく)

 そろそろ文章を打つのが疲れてきたw

 まあ、あの世は…
四次元幽界
五次元善人界
六次元光明界
七次元菩薩界
八次元如来界
九次元宇宙界
その他に
地獄界・精霊界
があるそうです。

 二次元アニメ界・漫画界は無いようです。

で、各次元がCG等で結構綺麗に描写されています、お金掛かってんなーって感じです。
しっかし、死後の世界で階層社会に晒されるとは…偉人達は転生して、そして死後また高い次元に帰るようです、一般の魂は永遠に下層次元にとどまるような作りに見える。
 先立つ物があれば、上に行けそうな気もしないでもない。

 さて、中盤で主人公とヒロインは七次元へ! パトリック・ロベルトは七次元の入門テストに不合格、その後妬みや疑心に取り付かれた二人は地獄へ落ちる、ここら辺でやっとストーリーが動き始めてきた感じ。

 地獄でまっていたのは「神は死んだ」と言い放ったニーチェもといニーチェス、悪魔となって登場。あと、ヒトラーもといヒスラー(デスラーみないな名前だなw)も骸骨になったナチスドイツ軍を組織して登場! いやはや分かりやすいな。(パンフに画像が無いのが残念だ…泣)
 この二人に捕まったパトリック・ロベルトを助ける為に、7次元から次元エレベータで地獄に向かう隆太・夕子・Gイーグル、地獄へ落ちた人を助ける為に地獄で活動している天使達が拠点にしている地獄のベースキャンプを横目に、一同は地獄の奥へ!!
 *次元エレベーター
エジソンの霊界での発明品! エジソンは霊界でも色々な発明をしているぞ!!

 地獄の最深部に到着した主人公一行様は、捕まったパトリック・ロベルトを発見するも、ニーチェス・ヒスラー軍に囲まれてしまう。
さらに、ヒスラーはその人の心を狂わせる能力を使い、地獄の霊界怪獣ビヒモスを召喚!
このピンチに、今まで只の解説キャラだったゴッド・イーグルがその本当の力を発揮、単身ビヒモス相手に戦闘を繰り広げる!!

 この辺りで、明らかに映画が盛り上がってきたw 無駄に凄いCGで表現されたビヒモスの迫力!

 ゴッド・イーグルの捨て身の攻撃もビヒモスを倒す事は出来ない! 危うし、隆太・夕子!! 
 その時、黒い雲に覆われた地獄の空を一条の光の帯が貫く! そう、天から光に包まれた巨大な戦士が舞い降りたっ!!
画像

 ちょwwwおまwwww

 エンゼルX1!! ロボットかよww!!!

 やばっ、ちょっと面白いw!
この展開は想定していなかったよ、不意打ち卑怯だw

 しかも、しっかりと戦闘するんですよこれが。
製作スタッフが結構良い感じだった事を思い出す自分。
そう言えば、無駄に声優陣がしっかりしているので、ゲド戦記@最近のジブリ作品の素人声優のような不愉快な演技は最後まで喰らう事は無かったな。

 そうそう、このエンゼルX1の操縦方法は、隆太の動きをトレースするタイプ、あと心の強さも影響するらしい。ちなみに、このロボを作ったのは、霊界の名発明家エジソンさんw 何作ってんのよ、まったく。

 それと、夕子もその力を発現させる、ヒロインだけあって、護りの力で悪しき力を防ぐ巨大な盾を召喚します! しっかりとエンゼルX1の盾にもなりますw
画像

 たたかえ ぼくらのエンゼルX1!!

ネーミングセンスが最高だっ!

 悔しいが、ここら辺は普通に面白かったですよ…(´・ω・`)
以下パンフのピックアップシーン
画像
画像
画像
画像
画像
画像


 という感じです。
戦闘も無事終了しその後は、9次元へ向かう隆太と夕子。
次々と明らかになる秘密!
1万2000年前から夫婦でしたネタw 念心合体かよ天使や悪魔やら堕天使やら。
9次元の凄く偉い人も声が子安、威厳があるか微妙な所だが、相変わらずカッコ良い声でした。
 最後は挿入歌のラッシュに乗せて、綺麗な場面が流れ続ける。
後半ちょっとまぶしくて目が疲れたっス。

 エライ人載せて置きます
ゴーダマ・シッダールタ
ヘルメス
オフェアリス
リエント・アール・クラウド
トス
ラ・ムー

 しっかし、その幸せそうなアトランティス文明が何故滅びたのかはやらないのか。
それ絡みで説得力に欠ける個所がちらほらと。
 まあ、なんだかんだで結構楽しめた作品でした。途中ストーリがある意味難解なのがアレですが。
映像と声優の演技力、音楽は中々の物でした!
 それと、エンドロールは必見!!
協賛スポンサーの半端ない数、そりゃ個人商店みたいなものが沢山あります。
あとそんな店を知って置こうかなと。

追記
 パンフの最後に前作の紹介とかちょっとあって、何気に前作の「黄金の法」のヒロイン、アリサ@雪野五月が(;´Д`)ハァハァ
画像

何このおかっぱ、ちょっと可愛いじゃないですかw しかも雪野かよww

 セルDVD無いんだよな…一回見てみてーっス。


 映画「黄金の法」オフィシャルサイト
http://www.toei.co.jp/ougon/

 映画「永遠の法」公式サイト
http://www.eien-movie.jp/movie/index.html
ちなみに↑のサイト、かなり重いです。
一回ブラウザ落ちましたw

○最後に
 ネタとして激しくお勧めしたい作品だが…お勧めできない、非常にデリケートな作品でした、てへり。
記事へ面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 12 / コメント 431


ロックマンエグゼ・ビースト+ 第26話 「熱斗+ ロックマン」(終)

2006/10/01 08:06
 アッサリとした最終回であり、シリーズ完結でした。

 それにしても、先週に引き続き幼少期に見ていたらトラウマになりそうな回でしたw
しっかし、10分少々では短いですね、やっぱ。必要最低限の要素だけを詰め込んで終了しちゃった感が…、しかもこれでシリーズ終了だもんな (´・ω・`)
 〆としては「ストリーム」が最高潮だったなと、相変わらずグダグタな序盤〜中盤の捨て回などあったが、熱斗達と同世代のキャラが増えたので、キャラどうしの絡みは面白くなっていたと思います。
画像

 たまに戦闘の描写が良い感じの回もあったり、シュールなギャグが光る回などありました、そして年に1・2回訪れる大きなお友達の為にあるだけのようなエロ回、それらを含めて全てが忘れられない良い思い出です。
 前半は綾小路家のメイドさん達が良い味出していたり、初代WWWの面子の扱いとか(結局はカレー屋かよw)、中盤以降は、何故か変身モノへ移行しCFが生まれたお陰で女性CFキャラの色々なアングルや動きが見れたり、映画化した為、夏休み期間の映画館に子供に囲まれて映画を見る羽目にあったりw 色々ありました。
声優陣が意外と豪華だったのも嬉しい事でした。
 基本的にはメイルちゃんの為に尽くした4年間だったと思いますw
これ程私の好きな要素を満たしたキャラクターは今の所いません、何回想像で(ry

 来週からはもう記録の中でしか会えない事が、寂しい限りです。
 新番の「流星のロックマン」のアニメに期待したいですが、情報が無さ過ぎで判断できないのが正直な所です。面白ければイイナと期待はしたいです。

 メイルちゃんの抱き付きまとめキャプ
画像


 ロックマンエグゼ・アクセス 第44話 「夏休みの恐怖」を見ていたら興味深い絵があったので、とりあえず繋いでみた
画像

なんか似たような構図だったので、ちょっと面白かった。
記事へかわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


<<  2006年10月のブログ記事  >> 

トップへ

はがねのちかい ブログ 2006年10月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる